一軒家

併用住宅で一石二鳥の暮らしを実現することができる

家

良い環境で暮らそう

浜松には大きな規模の分譲住宅エリアなどもあり、購入を希望する人も増加しています。もしも浜松市内のこうした家の購入を検討する場合、大切なことがあります。それは事前に周辺環境を調べることです。学校の近さ、なども購入には重要なポイントになります。

インテリア

安全性の高い中古

近年、鎌倉中心地でも、構造の安全性の高い中古一戸建て住宅は人気です。手抜きや欠陥など、中古のイメージも払拭できる機能性は今の住宅ならではの魅力です。暮らしてみて、はじめて使い勝手の良さ、悪さなどが図れるため、暮らしてからリフォームするケースが増えています。

多様な使い方ができる家

つみき

複数の用途を同時に持つ

住宅といえば、人が居住するために用いられる建物を指す言葉であることは言うまでもありませんが、中には居住目的以外にも使用されるものがあります。たとえば昔ながらの商店街によくある店舗と自宅が一緒になった建物、あるいは職人の工房が併設された家などがこれに当たります。こうした住宅を、併用住宅といいます。併用住宅は、かつては前記の例のようにその家の生業を行う目的で建てられていました。しかし最近は事情が変わってきており、一種の不動産投資の手段としても利用されるようになっています。マイホームを実現しながら、同時で副収入も得られるとして人気を集めています。建設資金を借り入れる時に金利を軽減する手立てにもなります。

自宅が不動産投資物件に

現在、人気が高いのは賃貸併用住宅と呼ばれるタイプです。これはオーナーの自宅と賃貸住宅が1つの建物の中に併設されている住宅です。賃貸併用住宅を建設すれば、賃貸住宅部分から得られる家賃収入をそのままローンの返済に回すことができます。またそのローン自体も、自宅部分と賃貸部分の比率が一定の要件を満たしていれば、一般の住宅ローンより低金利のアパートローンを利用することが可能です。つまり建設資金の調達に際して、二重のメリットがもたらされることになります。ローンの完済後は、家賃収入を生活資金に充てることができます。また賃貸業を廃業した場合は、2世帯住宅に容易に転換することも可能です。ライフステージに応じた利用法が可能になる住宅形式であると言えます。

レディー

設計にもこだわる

南大阪では注文住宅が人気で、個性的なダイニングなどの注文住宅も多いです。高い位置に窓がある注文住宅も、住まいに開放的で明るい雰囲気を与えて人気となっています。自分の好きな間取りで生活できる喜びは、とても大きいです。