インテリア

併用住宅で一石二鳥の暮らしを実現することができる

安全性の高い中古

インテリア

デザインがお気に入り

住宅性能の高い鎌倉の中古一戸建て住宅には、自由設計や狭小地に適した住宅など、デザイナーズ物件に特化した建築家による不動産も人気です。暮らしやすさより、デザイン性を選択するのは若者の考えに多く、快適性が必要となった部分にリフォームを施す暮らしが人気です。鎌倉の中心地にも中古一戸建て住宅は展開され、中古ならではの価格からも早くて20代で戸建てをもつことができています。働き盛りでもある年代が鎌倉中心地には多く、癒やし空間のバスルームに着眼点がおかれています。プライベート性が高い空間で、隣家や道路近くは避けられ、通風と採光は意識されています。また、快適性が必要となった際、安全と衛生的でデザインのいい床・壁材が選ばれています。中古住宅でも築年数によっては浴槽も最新式であるなどの実用性も考慮され、ガラスの間仕切りなどのホテルラグジュアリーな空間デザインが近年、人気の住宅です。

加える手が要らない

中古の悪いイメージは現在払拭され、長く住み続けられる、継げられる中古一戸建て住宅が売買されています。人気のツーバイフォー工法なども中古市場に出回り、売却も性能でのデメリットではなく、ライフスタイルの変化によるケースが増えているのも特徴です。古風な建築・建造物、街並みが特徴的な鎌倉を一例にしても、手抜きや欠陥工事を防ぐため、契約時には細心の注意が図られています。設計図や仕様書を現場でチェックするなど、一戸建て住宅の性能の高さは中古になっても維持されています。これまで、鎌倉エリアの中古一戸建てでは、地盤や骨組み、土台などから購入が検討されていました。近年では長期優良住宅の太鼓判が評判となり、オプションに着眼点がおかれています。手を加えるリフォーム要らずであるパターンも増え、海外からの輸入品で付加価値を付けています。例えば、洗面ボールもオーバーカウンター・ベッセルなどのスタイルに、陶器や大理石調、ガラスなどの素材が採用されています。